スプーン、フォークや、オブジェなどを銅、真鍮、洋白、鉄などでつくってます。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年は、いくつかのイベントにも参加し、お店に作品を委託していただいたりと、とても内容の濃い1年をおくらせて頂きました。

今年もイベント第1弾として、 工房あそびいと さんにて、「春を楽しむ」展に参加させていただいております。会期は昨年末の12月26日から今年3月3日までです。会場内の展示の模様は次回UPさせていただきます。





昨年の第10回赤レンガのご報告もまだでしたので、こんな感じでした。

第10回赤レンガ1

第10回赤レンガ2

第10回赤レンガ3

お買い上げくださいました皆様、ありがとうございました。

お声を掛けてくださいました出展者の皆様、ありがとうございました。

今年もがんばります。
アート楽市の翌週の10月28日から11月2日まで、世田谷美術館区民ギャラリーにて、銀燿会陶芸教室展を行いました。

会員の皆様のお陰をもちまして、力作多数を出展いただき、素敵な展覧会になりました。

教室展1

教室展2

教室展3

教室展4

看板ねこ作品や、息子君の鬼の面なども展示させていただきました。

アート楽市にご一緒していただいた、AさんとIさんも参加いただき、この強行軍のご協力、ほんとに感謝しております。搬入、搬出、受付まで、ほんとにありがとうございました。

次回も良い展覧会になるよう、精進いたします。

遅ればせながらのご報告です。スミマセン!!

10月18・19日両日お天気にも恵まれ、無事に参加できました。
今回も昨年同様Aさん、Iさんにご協力」いただき、こんな感じにまとまりました。

手前、Iさん作品
アート楽市2008・2

Aさん作品
アート楽市2008・3

カトラリ作品
アート楽市2008・1


Aさん、Iさん、ご一緒いただいてほんとに有難うございました。素敵な時を刻むことが出来ました。






今回で3回目になります。

今回も前回、前々回に続き「季節屋」の屋号での出店です。陶芸の作家さんとフェルトの作家さんとカトラリ鳥のミックスです。

会期は10月18・19日(土・日)です。
お近くにお越しの時は是非、お立ち寄り下さい!!
大道芸の方たちも例年のごとく沢山参加しています。
私たちの会場付近にもピエロさんやジャグラーさんも来てくれるだろうと思われます。

今回は、野外なので天気が心配と思っていたのですが、なんとか簡易テントが建てられそうなスペースを頂けたので安堵しています。

宜しくお願いします。
9月6日にオープンしたばかりのギャラリーです。

出会いは横浜赤レンガ倉庫のイベントでした。
赤レンガの撤収後、早速その足でギャラリーにお邪魔し、オーナートシさんの熱い思いを堪能し、出展を決めさせていただきました。

現在、元町はチャーミングセールの真っ只中。
23日に3回目の納品を済ませてきましたが、人の多さにトランクゴロゴロ転がしているのが申し訳なく、もっと早く補充納品済ませていれば良かったと思った次第です。

デコ1

デコ2

デコ3

中央ガラステーブル内と2m近い長さのある棚を1つ分というとても贅沢な空間の使い方をさせていただいております。

お店のHPLa decoracionも先日アップされましたので、ぜひクリックして、これからどんどん書き込みに参加する沢山の作家さんの作品、人となりに触れてみてください。
先日、雨の日に息子君と、区営の温水プールに行って来ました。

その日はあいにくと、付属の体育館で、社交ダンスの大会があり、駐車場が満杯でした。雨脚も結構強く、同系列の区営公園の駐車場は、子供の足では10分くらい掛るのでちょっと迷ったのですが車はそこにとめることにし、傘を差し、バスタオルを羽織らせて、歩いて向かいました。

雨の中だろうが、歩いて進むと数限りない発見をするのが子供というもの・・・・、この日は、カタツムリ、ナメクジ、そして、またカエルに出会いました。

満面の笑顔の中、息子君の広げた手の中にいたアマガエルは逃げようともぜずに、息子君のほうに向き直り、じっと息子君を見つめています。
・・・・しばらく見詰め合っている二人に、「逃がしてあげたら?」「うん」そう言って木の柵の上に息子君が乗せてあげると、またまた、息子君を見ています。

私は、子供の頃に大好きで読んでいた、佐藤さとるさんのコロボックルの物語を思い出していました。
コロボックルとは親指ほどの小さな人で、雨の日にはアマガエルの皮のレインコートを着て行動しているのです。

「柵の上にいると危ないから、草の中に逃がしてあげよう」と言いながら、そっと移動させている息子君とカエル君の間には、何かしらの通づるものがあったのだろうと思いました。

本日、「笠間 芸術の村展」、無事終了しました。
沢山の方たちに、ご高覧いただきまして、本当にありがとうございました。
今後もこの展覧会に携わって行けるよう、精進してゆきたいと思っております。



今日は、笠間に少し早めについたので、わが息子は、大好きなおじいちゃんと犬のチビと一緒に散歩に行くことが出来ました。

田んぼのあぜを歩いてアマガエルやおたまじゃくし、アメンボウ、ゲンゴロウなどに大興奮の息子に、おじいちゃんが、緑のアマガエルと茶色のアマガエルの説明をしてくれました。

あぜ道を境に、青々とした稲の沢山ある田んぼ側で生まれたカエルは、鮮やかな緑色をしています。よくわかんないんだけど、用水路っていうのかな、あぜの反対側の枯葉や泥が敷き詰められている小川のカエルはみんな茶色です。
同じアマガエルでも緑の中で生きるもの、茶色の中で生きるものでは色が違う。・・・生きるための手段ですよね。あぜなんて人が1人やっと通れる位の幅しかないのにね。

そして、田んぼ側のカエルは、お腹を出してひっくり返っているのがところどころ見受けられました。稲のために除草剤が撒かれているそうです。一方、あぜの反対の小川にはホタルの餌になるカワニナが生息するほどきれいな水が湧き出している。

今年もそろそろホタルが飛び交いだしたとききました。

息子と共に、改めて感慨深く受け止めねばと思う1日でありました。




1月に入ってから、バイト先が変わり、今までやったことのない事務のお仕事をしています。
覚えなければいけないことが膨大で、先輩方々にかなりお手数をかけながらですが、なんとかついていこうと必死にやってます。新しいことをはじめるのって、かなりのエネルギー使いますよね。
また、カトラリ鳥のほうもただ今、ホームページの作成しております。こちらもまた初めてのことで、かなり四苦八苦しています。まだまだ時間がかかりそう・・・・。
でもやっぱり新しいことを始めるのって楽しい!!大変だけど・・・・。うん、がんばろう。です。
夫が講師をしている陶芸教室のブログとリンクしました。東京世田谷にてやっている教室です。ご興味のある方、ぜひ、覗いてみてください。

銀燿会陶芸教室

銀燿会陶芸教室だより
今月に入ってから、近所のパソコン教室に通い始めました。

今まで全てが自己流、自己流できていたので、改めて基礎から教わってみると、あんなこともこんなことも知らなかったんだ~、と言った感じです。「パソコン基礎講座」が終わって、「Word初級」に入ったとこです。練習用のお手紙や葉書をつくってみたりしてます。「Word初級」が終わったら、いよいよ目的の1つ、「ホームページ作成講座」に進めます。早くホームページ、お披露目できるよう、がんばります!!なんてね (*^。^*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。